hona
本研究では色覚異常者が実生活において識別困難となる状況の改善を目的とした補助システムを試作した.またAR技術を導入したことにより,端末の画面内に物体の名称や色情報を重畳表示することができた.
hoge
制作者が,登場オブジェクトに対し動作を付与する場合に,人形を動かす様子を撮影して演出を作成します.
ホワイトボードなどに書かれたイラストなどを抽出することができます.イラストだけでなく,輪郭に応じた切り取りや,好きなように手書きでの切り取りなどが可能です.切り取られたものから様々な情報を提示し,様々な活動を支援します.
hoge
hogehoge
並んだ14個の牌に端末のカメラをかざすことで,画面に得点計算の結果を表示する.
研究室内で記録されている,週報,論文,スライドなど様々なデータを接続し,再利用するためのシステムです.
hoge
hona